収容人員の算定方法

<収容人員の算定方法>

防火対象物の区分  算 定 方 法
(1)項

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 客席の部分ごとに次のイからハによって算定した数の合計数

 イ. 固定式のいすを設ける部分→いすの数

   (長いす→正面幅0.4mごとに1人(1未満は切り捨て))

 ロ. 立見席→床面積0.2㎡ごとに1人

 ハ. その他の部分→0.5㎡ごとに1人 

(2)項

(3)項

遊技場

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 遊戯のための機会器具を使用して遊戯を行うことができる者の数

3. 観覧、飲食、休憩用の固定式のいすを設ける部分→いすの数

  (長いす→正面幅0.5mごとに1人(1未満は切り捨て))

遊技場以外

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 客席の部分ごとに次のイ及びロによって算定した数の合計数

 イ. 固定式のいすを設ける部分→いすの数

      (長いす→正面幅0.5mごとに1人(1未満は切り捨て))

 ロ. その他の部分→床面積3㎡ごとに1人

(4)項

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 主として従業者以外の者が使用する部分について次のイ及びロによって算定した

 数の合計数

 イ. 飲食、休憩に使用する部分→床面積3㎡ごとに1人

 ロ. その他の部分→床面積4㎡ごとに1人

 (5)項  イ

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 宿泊室ごとに次のイ及びロによって算定した数の合計数

 イ. 洋式の宿泊室→ベットの数に対応する数

 ロ. 和式の宿泊室→床面積6㎡ごとに1人

   (簡易宿所、団体客を宿泊させるもの→床面積3㎡ごとに1人)

3. 集会、飲食、休憩に使用する部分については、次のイ及びロによって算定した数

 の合計数

   イ.  固定式のいすを設ける部分→いすの数

         (長いす→正面幅0.5mごとに1人(1未満は切り捨て))

   ロ. その他の部分→床面積3㎡ごとに1人 

 ロ 居住者の数
 (6)項  イ

次に掲げる数を合算する

1. 医師、歯科医師、助産師、薬剤師、看護師その他の従業者の数

2. 病室内にある病床の数

3. 待合室→床面積3㎡ごとに1人

 ロ及びハ 従業者の数と、老人、乳児、幼児、身体障害者、知的障害者その他要保護者の合計数 
 ニ 教職員の数と、幼児、児童又は生徒の合計数
 (7)項 教職員の数と、児童、生徒又は学生の合計数
 (8)項

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 閲覧室、展示室、展覧室、会議室、休憩室の床面積の合計→3㎡ごとに1人

 (9)項

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 浴場、脱衣場、マッサージ室、休憩に使用する部分の床面積の合計→3㎡ごとに1人

 (10)項 従業者の数
 (11)項

次に掲げる数を合算する

1. 神職、僧侶、牧師その他従業者の数

2. 礼拝、集会、休憩に使用する部分の床面積の合計→3㎡ごとに1人

 (12)項から(14)項

従業者の数
 (15)項

次に掲げる数を合算する

1. 従業者の数

2. 主として従業者以外の者が使用する部分→床面積3㎡ごとに1人

ああ(16)項の2

ああ(16)項の2

防火対象物の部分をそれぞれ一の防火対象物とみなして、上記の算定方法により算定した収容人員を合算する
 (17)項 床面積5㎡ごとに1人

 

ページの先頭へ