予防救急

 

予防救急
                                   
 

   誰しも病気や事故に好んでなる人は、一人もいません。できれば

自分を含め家族・知人であっても一生かかわりたくないものです。
救急事故も事前に注意をすれば、未然に防げたものもあります。
そこで、その取り組みとして「予防救急」が、救命の連鎖の最初に

位置づけられました。
   
ここで紹介するのは、市内で発生した過去の救急事故を参考に、

特に注意してほしい事例を抜粋して紹介します。
  
皆さんも是非、「自分に起こりうる危険」を認識し、突然のケガ等

未然に防ぎましょう。

 

 

 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

         
【転倒・転落(高齢者)編】

【溺水・窒息(高齢者)編】 

【乳幼児(0歳~6歳)編】

 

★心肺蘇生法の手順を覚えましょう★

       

                                      

ページの先頭へ