消防団員の身分と処遇

消防団員の身分

 

消防団員は特別職の地方公務員

消防団員は、それぞれの職業を持つかたわら災害時等に消防団員として活動しますが、その身分は特別職の地方公務員です。

 

消防団員の服務

消防団への入団は本人の意思によりますが、その行為によって懲戒処分をうける場合があります。また、消防団員が、個人として政党に入党すること、選挙運動をすること、公職の候補者になり公職に就くことは自由ですが、消防団員の地位を利用しての選挙運動はできません。

 

消防団員の階級

消防団活動は、指揮命令系統をはっきりさせリーダーの指示に従って活動することが重要であることから、全国的に統一された階級制度があります。

 

消防団員の処遇

団員報酬

消防団員には、その階級によって年額報酬が支給されます。

 

団員報酬額

階級(職名)

報酬の額(年額)

団長

  104,200円

副団長

86,100円

支団長

70,400円

分団長

64,000円

副分団長

51,300円

部長

41,100円

班長

37,000円

団員

36,500円

 

出場手当

消防団員が火災やその他の災害活動に出場したときには、手当が支給されます。

 

出場手当

出場別

手当の額

火災出場

3,200円

訓練出場

3,200円

警戒出場

3,200円

広報出場

3,200円

 

公務災害補償

消防団の活動には危険が伴うことから、活動中の事故による死亡や負傷に対して次の補償制度があります。

  • 療養補償
  • 休業補償
  • 傷病補償年金
  • 障害補償
  • 介護補償
  • 遺族補償
  • 葬祭補償

 

退職報償金

消防団員が退職したときは、その階級や勤務年数によって退職報償金が支払われます。

 

退職報償金の額(円)

階級\勤務年数

5年以上

10年未満

10年以上

15年未満

15年以上

20年未満

20年以上

25年未満

25年以上

30年未満

30年以上

団長

239,000

344,000

459,000

594,000

779,000

979,000

副団長

229,000

329,000

429,000

534,000

709,000

909,000

分団長

219,000

318,000

413,000

513,000

659,000

849,000

副分団長

214,000 

303,000 

388,000

478,000

624,000

809,000

部長及び班長

204,000

283,000

358,000

438,000

564,000

734,000

団員

200,000

264,000

334,000

409,000

519,000

689,000

 

ページの先頭へ