消火器の不適正な訪問点検にご注意!!

  

 

あなたの会社・倉庫・学校など消火器を多く設置している事業所が狙われています

        PDFファイル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 消火器の不適正な訪問点検や販売、高額請求のトラブルが各地で多発しています。未然に防止するには、各事業所の関係者らが十分に注意しておくことが必要です。

 

 

  • 不適正な訪問点検業者の来訪に注意するよう、普段から社員、従業員等に周知徹底してください。

 

 

訪問点検商法手口の例

  1.  出入りの点検業者(契約業者)を巧妙に装い、訪問前に電話をかけて信用させる。
  2. 訪問時、対応した人に簡単に説明し、預かり書に見せかけて契約書にサインを求める。
  3. すぐに消火器を回収しはじめ、離れた場所で全数の消火薬剤を交換する。
  4. 点検作業を全て終えた状態で金額を請求する。高額な請求に驚き、中止を求めても、契約書のサインを盾に金額を請求する。
  5. 高額のため即金での支払いを拒否すると、支払うまで消火器を保管するとして持ち帰り、別に「消火器の保管料」を請求し、また、業者の消火器を代わりに置いていき、別に「リース料」を請求する場合がある。

 

トラブル防止のポイント

  1.  電話での求めに安易に承諾しない。必要なければハッキリ断る。
  2. 責任者が対応する。
  3. 身分証明書等の提示を求め、出入りの契約業者か確認する。
  4. 契約業者でない場合、あいまいな意思表示をせずハッキリと点検を断る。
  5. 差し出された書面に、不用意にサインや押印をしない。

 

※消防署が特定の業者に訪問点検や販売を指示することはありません。

※相手が居直ったり、脅迫的な言動に出た場合は、警察に通報してください。

 

   

お問合せ及び相談先

  • 川口市消防局予防課  TEL 048-261-8371

月~金曜日(土、日、祝日は除く) 8時30分~12時、13時~17時15分

月~金曜日(土、日、祝日は除く) 9時30分~12時、13時~16時

ページの先頭へ