消火器の取扱いについて

消火器の破裂事故にご注意!!

 

 平成21年9月15日、大阪市の駐車場で消火器が破裂し、小学4年生の男児が頭部に直撃を受け意識不明の重体となる事故が発生しました。

 この消火器は、数年前から駐車場に雨ざらしのまま放置されていたもので、老朽化により本体が腐食し、消火器の圧力により破裂したものと考えられています。

 このような老朽化等による消火器の破裂事故は過去にも発生していることから、消火器の管理徹底及び適正な廃棄について十分留意するとともに、消火器に異常が見られた場合は、絶対に使用しないでください。

 

 

1 消火器の点検・交換チェック

 消火器には耐用年数がありますが、設置状況等により異なりますので、耐用年数以内であってもサビや傷、変形等の異常があるものは速やかに交換するか、専門業者へお問い合わせください。点検については、半年に1回程度、次の項目をチェックしてください。

(1)本体容器の腐食〔溶接部とその周辺など〕

(2)ホースの脱落

(3)キャップ〔キズ、変形、腐食などがないか〕

(4)指示圧力計〔指針が緑色の範囲にあるか〕

※ 耐用年数 : 一般の消火器の耐用年数は8年です。住宅用消火器やエアゾールタイプの消火器は3年から5年です。

 

 

2 廃棄方法

 消火器は一般ごみとして処分できません。

 廃棄する際は、お買い求めの販売店又は消火器の専門業者に依頼をしてください。(処分料は有料です)回収された消火器は分別・リサイクルされます。

 また、廃棄等に際しましては、エコサイクルセンター又は消火器リサイクル推進センターも参考としてください。

 

 

 

エアゾール式簡易消火具をお持ちの方へ

ヤマトプロテック株式会社製のエアゾール式簡易消火具を自主回収、対象商品の廃棄処分をお願いしております。  

リーフレットはこちらです。(PDFファイル)

 

ヤマトプロテック株式会社のホームページはこちらです。(http://www.yamatoprotec.co.jp/index.php?id=80

 

 

 

 

 

ページの先頭へ