その他の消防用自動車

【指令車】

主に大規模災害時の情報伝達や情報収集に運用する車両です。機動性を考慮した車両としており、全国の消防機関でも地域の実情に応じて、様々な車両(シャシ)の指令車が存在します。

 

 

【火災調査車】

 

 火災発生時に原因を調査するため、火災調査隊員が運用する車両です。

 当局最新の車両で、ハイルーフとすることにより室内空間を拡張でき、収納はもちろんのこと、火災原因調査に必要な資機材を容易に取り出しやすくなりました。

 

【警防車】

市内の特に大きな災害発生時に、消防局本部指揮隊が運用する車両です。指揮車の代替車としての役割も担っています。

(平成29年2月)

 

 

~前のページにもどる~

ページの先頭へ