危険物(炭酸ナトリウム過酸化水素付加物)が追加されました。

「危険物の規制に関する政令」及び「危険物の規制に関する規則」の一部が改正され、これまで非危険物として消防法令等の規制対象外であった「炭酸ナトリウム過酸化水素付加物 」(以下「過炭酸ナトリウム」といいます。)が、消防法上の第一類の危険物に追加されました。(平成23年12月21日に公布され、平成24年7月1日から施行されます。)過炭酸ナトリウムは、酸素系の漂白剤として広く一般に流通しており、貯蔵又は取扱う数量によっては、消防法に基づく市町村長の許可等が必要になります。

 

過炭酸ナトリウムについて

一般的には「過炭酸ナトリウム」、「過炭酸ソーダ」、「酸素系漂白剤」と呼ばれています。これらを主成分とする漂白剤などの商品は、スーパーやホームセンター、薬局などで販売されており、生活必需品として多方面で使用されています。

【代表的な商品例】

 ・ 漂白剤                  ・ 除菌剤    

 ・ 消臭剤                    ・ 食器洗い乾燥機用洗浄剤

 ・ 洗濯槽クリーナー       ・ パイプクリーナー

同じ用途の製品であっても過炭酸ナトリウムを主成分としないものがありますのでご注意ください。

 

【第一類の危険物に共通する特性】

・ 多くは、無色の結晶又は白色の粉末

・ 一般的には不燃性物質ですが、他の物質を酸化する性質をもっているため、周囲の可燃物の燃焼

      を著しく促します。

・ 一般的に可燃物、有機物、その他酸化されやすい物質との混合物は、加熱、衝撃、摩擦などに

      より爆発する危険性があります。

 

【第一類の危険物の指定数量】

危険物は貯蔵又は取扱う数量により、消防法若しくは川口市火災予防条例に定める基準に従わなければなりません。過炭酸ナトリウムが追加された第一類の危険物は性質の違いによって規制を受ける基準となる数量(指定数量)が異なります。そのため、過炭酸ナトリウムがいずれの性質を有するものかは個別に判断しなければなりません。性質ごとの指定数量は次のとおりです。

性質 指定数量
第一種酸化性固体 50キログラム
第二種酸化性固体 300キログラム
第三種酸化性固体 1,000キログラム

 貯蔵又は取扱う数量が

 指定数量以上の場合には、消防法に基づく市町村長等の許可

・ 5分の1以上指定数量未満の場合には、川口市火災予防条例に基づく届出が必要となります。

 

危険物の性質の確認方法について

危険物を入れる容器に付されている表示から確認することができます。危険物を入れる容器には、消防法令により、容器の外部に品名、危険等級、化学名、危険物の数量、注意事項を表示することが義務付けられています。なお、当該改正により、過炭酸ナトリウムを貯蔵する容器は、消防法令の基準に適合しなければならなくなりましたが、容器に危険物である旨の表示を行うことについては、平成25年12月31日までは表示しなくても良いこととされています。そのため、平成24年7月1日以降、すぐには容器の表示が行われない可能性がありますので「過炭酸ナトリウム」、「過炭酸ソーダ」、「酸素系漂白剤」などの表示がされている商品で危険物に該当するか否か見てもわからないときは、製造メーカーに確認してください。

 

【容器の表示例】

品名 酸素系漂白剤
成分 過炭酸ソーダ(第一類:第三種酸化性固体)(危険等級Ⅲ)
数量 200グラム
用途 食器洗い乾燥機用洗浄剤
その他 火気に近づけないでください。衝撃を与えないでください

 

 規制の時期及び経過措置について

平成24年7月1日(施行日)から規制を受けることになりますただし、以下の経過措置があります

  1.  当該改正によって、新たに消防法に基づく市町村長等の許可を得なければならない施設(以下「新規施設」といいます。)は、平成24年12月31日までに許可を受けなければなりません。また、平成24年7月1日現在、すでに許可を受けている危険物施設(以下「既存施設」といいます。)について、過炭酸ナトリウムが危険物に追加されることに伴い、位置、構造及び設備の変更に係る許可を受ける必要がある危険物施設も、平成24年12月31日までに変更の許可を受けなければなりません。
  2. 当該改正によって、消火設備及び警報設備の設置又は改修等が必要となる新規施設及び既存施設については、平成25年12月31日までの間は現在のままで問題ありません。
  3. 当該改正によって、掲示板の改修等が必要となる既存施設については、平成24年9月30日までの間は現在のままで問題ありません。
  4. すでに許可を受けている危険物施設のうち、法令改正によって、品名、数量及び倍数が変更となる危険物施設は、平成24年9月30日までに「品名、数量、倍数変更届出」を行わなければなりません。
  5. 指定数量の5分の1以上指定数量未満の数量を貯蔵又は取扱う施設についても、川口市火災予防条例に規定する位置、構造及び施設の基準等に従わなければなりません。また、所要の経過措置を設ける予定です。 

 

Q&A

Q1. 市販されている漂白剤などの過炭酸ナトリウムを主成分とする商品を購入して家で使いたいのですが、法令

         改正によって規制を受けますか。

 

A1. ホームセンターなどで販売している商品を家庭に置いておく程度であれば、規制は受けません。しかし、

        大量に購入して物置などに保管している場合などは、規制を受ける可能性がありますので、注意が必要

        です。詳しくは消防局予防課危険物係にお問い合わせくさだい。

 


 

Q2. 現在、自社の倉庫内に過炭酸ナトリウムのみ500キログラム保管しています。法令改正後、どのような規制を

         受けますか。

 

A2. まずは、貯蔵する過炭酸ナトリウムが第一種、第二種、第三種のいずれかに該当するか確認してください。

        指定数量の倍数に応じて、消防法に基づく市町村長の許可又は川口市火災予防条例に基づく少量危険物

        貯蔵取扱の届出が必要になります。また、その期限は平成24年12月31日までとなります。

 


 

Q 3. すでに受けている屋内貯蔵所に過炭酸ナトリウムも保管しています。法令改正後、どのような規制を受けま

         すか。

 

A3. 過炭酸ナトリウムは第一類の危険物に該当するため、貯蔵する危険物の品名、数量及び倍数が変わること

         により、位置・構造・設備の改修が必要となる可能性があります。例えば、過炭酸ナトリウムが第一類の危

         険物に追加されたことで、屋内貯蔵所に貯蔵する危険物の合計の指定数量が10倍以上となった場合、保

         有空地を大きくすることや大型消火器の設置、避雷設備の設置などの変更が必要となる可能性があります。

         また、他の危険物との同時貯蔵の可否等についても考慮しなければなりません。同一の貯蔵所(耐火構造

         の隔壁で完全に区分された室が2以上ある貯蔵所においては、同一の室)では、類が異なる危険物を同時

         に貯蔵することは原則できません。ただし、例外として、第一類の危険物(アルカリ金属の過酸化物又はこ

         れを含有するものを除く。)と第五類の危険物、第一類の危険物と第六類の危険物は、類ごとに取りまとめ

         て貯蔵し、かつ、相互に1メートル以上の間隔を置く場合に認められます。施設の改修期限は、平成24年12月

         31までとなります。さらに、前述したとおり、危険物保安監督者の選任が新たに必要となる場合がありま

         す。

 

お問い合わせ

川口市消防局予防課危険物係

電話 048-261-8373

FAX 048-262-4850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

ページの先頭へ