ポリ容器にガソリンを入れることは大変危険です!

ガソリンは気温が-40℃でも気化し、小さな火源でも爆発的に燃え広がる大変危険な物質です。 

  • 家庭や事業所で保管することは極力控えてください。
  • ガソリンや軽油を入れる容器は、消防法令により、一定の強度を有するとともに、材質により容量が制限されています。
  •  特に、 灯油用のポリ容器にガソリンを入れることは大変危険ですので、絶対にやめてください。

 

 

 

灯油用ポリ容器にガソリンを入れた場合の火災危険性に関する実験映像

(総務省消防庁ホームページ)

 

 

お問い合わせ先

川口市消防局予防課危険物係

電話 048-261-8373  FAX 048-262-4850

ページの先頭へ