危険物の地下貯蔵タンクに関する法令改正について

 近年、危険物施設の老朽化等に伴う腐食劣化等が流出事故の大きな原因となっていることから、増加する危険物施設における流出事故を防止するため、地下貯蔵タンクの流出事故防止対策についての法令改正が、平成22年6月28日に公布され、平成23年2月1日から施行されることとなりました。

この法令改正で、危険物施設の地盤面下に直接埋設された鋼製一重殻の地下貯蔵タンクのうち、腐食のおそれが特に高い地下貯蔵タンク又は腐食のおそれが高い地下貯蔵タンクとされるものについては、腐食を防止させるためのコーティング等の流出事故防止対策を講ずる必要があります

施行日から平成25年1月31日まで2年間の猶予期間が定められています。) 

 

 

 

※該当地下貯蔵タンクを保有する事業所につきましては、基準に適合させるための計画的な措置をお願いします。

 

 

お問い合わせ先 

消防局予防課危険物係

電話 048-261-8373  

FAX 048-262-4850    

ページの先頭へ