罹災届出証明書の事務取扱場所が変わりました

 平成26年4月1日から、 罹災 届出証明書(火災以外の証明書)の事務取扱場所が消防局予防課から危機管理部防災課に変更となりました。

 

下記のような災害により、被害が発生した場合の届出証明を、今後は危機管理部防災課で対応します。

 

1.大雨(台風、集中豪雨)により、住宅の1階部分が床上浸水し、畳が水に濡れた。

2.雷により、居間のテレビ及びエアコンが壊れた。

3.強風により、屋根のトタンが剥がれた。

4.大雪により、カーポートが壊れた。

5.地震により、家の外壁が剥がれ落ちた。

 

 ただし、大震災時の場合は、災害対策本部組織での対応となります。

※上記は、災害の一例です。

 

 

火災における「り災申告書」及び「り災証明書」は今後とも消防局予防課で事務取扱を行います。

 

ページの先頭へ